チェーンソーチャップスは、格安であなたを守ります~

タメゴローです。

62839838_2113123196_84large

いきなりですが、チェーンソーは本当にこわいのです。

先日、チェーンソー作業中に「ヒヤリ」がありました。

ちょっとズレていたら、左足のすねに大怪我をしていた自信があります。。。

まじでこわかった。。。

そんなヒヤリを味わったため、遅ればせながらチェーンソー作業から身体を守ってくれる「防刃繊維入り保護服」すなわち、

「チェーンソーチャップス」

を買おうと決断しました!!

(↑ こんな感じの前だけズボンタイプのやつ)

 

 

・・・ほんとに怖かったんですってば。。。

 

え、使ってなかったの?という方もいると思いますが、タメゴローはチェーンソーの怖さを少々ナメてました。ゴメンナサイ。。。

一応草刈機用のすねあてはしていたのですが、あたっていたら何の保護にもならないことが骨身にしみてわかりました。

タメゴローの周りの先輩方は、チャップスをつけていない人が大半でしたので、なんとなく「なくてもいい」風潮にながされていました。

・・・はい、言い訳ですね。。。

 

実は今までも何度か考えたことがあり、ネットで探したりしていましたが、大体1~2万円していたので、

「あった方がいいけど、高いしな~」

と安易に考えていました。

 

奥さんに、「安全の為に買おうと思うんだ~」と相談してみたところ、

「そんなものがあるんだったら、絶対つけないとだめ!」

「薪ストーブの為に死んだらどうすんの!」

と、激怒(げきおこ)。。。

 

そうりゃそうですね。。。

 

タメゴローの提唱している、

「幸せになるために、薪ストーブ生活をする」

から考えても、「あたりまえ」な準備でした。。。

 

下の画像はチェーンソー事故でケガをする部位の統計です。

チェンソーで傷つけた部位の比率

森づくり安全技術・技能全国推進協議会HPより転記

↑みごとに高発生率の場所に適合してます。。。

ケガの多い部分は、チェーンソーのケガは全て大怪我になることを考えると、即重症や最悪の場合は命の危険がある部分ばかりですね。。。

 

やらしい話、そんな大ケガをすれば、

  • 働けなくなった間に減るであろう「給料」
  • 医者にかかる「費用」
  • 薪作業ができない損失
  • 日常生活に大きな支障を出すリスク
  • 後遺症などの心配

といった望まない費用や生活の不具合が発生するかもしれません。

 

そう考えると、チャップス代なんて、格安だとタメゴローは思います。

 

そんなわけで、今ネットを物色中なので、買ったらまた記事にしてみたい思います。

もし、見ていてくれている人の中に、「チャップス」をつけずにチェーンソー作業している人がみえましたら、悪いことはいいませんので、すぐにでも買うことをおすすめします。

安全に楽しく薪ストーブライフを楽しみましょう!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA