薪割り ~理想の薪づくりスケジュール~

タメゴローです!

IMG_5206

今回は薪ストーブのための「薪づくりスケジュール」について書いてみたいと思います。

理想のスケジュールとしては

11~2月:山で木を切る・薪を割る

3~5月:まき割りと雨ざらし

6月までに:薪を棚に積む

6~翌年11月まで:乾燥

これは冬になると、木は水の吸い上げを少なくなることから、その時期11~2月だと乾燥の速い薪をつくりやすく、また、水が少ないことから重量も軽くなるため作業もしやすい、合理的な伐採シーズンになるためです。

次いで本命の薪割りシーズンですね。これは3~5月とありますが、冬からはじめたほうがよいぐらいです。できるだけ早く割って、乾燥期間を長くとりたいところですね。

また、「雨ざらし」とありますが、これは「乾燥の促進」と「防虫対策」を目的としているため、タメゴロー的にはずせない工程です。

雨ざらしが「火力を弱める」と言う方もみえるので、それを否定しませんが、これをせずに樹皮に残った虫が、せっかく割った薪を食い荒らす方がもったいないと考えています。

タメゴローはこの「雨ざらし」を行うことで、樹皮や中にいる虫を大幅に減らすことができました。

また、昔から「薪は土用まで雨ざらし」という言葉が残っているぐらいですので、意味のない行為だとは思えませんし。笑

そして、長雨のくる6月までには薪棚へ保管してしまい、使われる翌年まで乾燥させます。

 

・・・・ですが、一年も待ってられないよ!今年の冬使いたいんだ!とか、ストーブ導入1年目などには、余裕を持って準備ができない人も多いと思います。

 

そのため、導入一年目のスケジュールは、

11~2月:山で木を切る・薪を割る

11~5月:まき割りと雨ざらしを随時行う

6月までに:薪を棚に積む

6~11月:乾燥(ここが短くなった)

ここで注意するのは、短期間で乾燥を求めることになるため、薪割り時に、

・「できるだけ細割りにする」
・「樹皮をはがす」

となることでしょう。

細割りにすることで、薪自体の体積が減り、絶対的な「含水量」が減りますし、皮をはがすことで乾燥しやすくなります。

これらをやって、なんとか冬に「使える薪」になるかな~、というところなので、できたら1年乾燥させてあげたいところですね。

短期間乾燥の薪は含水率計でチェックした方が安心です。

大体20%前後までいけば”ちゃんと”暖かくしてくれる薪になると思いますが、30%とかだと、焚いて焚いても水分が熱を奪っていき、”ちゃんと”暖かくならないことが多いので注意です。

高精度デジタル水分計4ピンタイプ

この、含水率計で乾燥具合を知り、その乾いた状態の薪を打ち合わせた「カーン」という音を覚えておくと、打ち合わせるだけで大体の乾燥度合いを知ることができるようになりますので便利です。

実際には、原木の入手や、玉切りなどが予定通りできない場合など多々ありますので、できる時期にできることをしていくというのが多いと思います。

その中でも「雨ざらし」と「乾燥期間」だけはしっかりととれるようにしてもらうと「いい薪」になりやすいと思います。

それでは薪割りを楽しみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA