【焚火の楽しみ方】マシュマロがあれば焚火の楽しみが”ワングレード”あがります

タメゴローです!

 

キャンプの醍醐味と言っても過言ではない【焚火】

最近は芸能人のソロキャンプなどでも「焚火芸人」などがブームのようですね~。

最近ではTVでも「マツコの知らない世界」などで焚火について面白いものをやっておりました。

もちろんタメゴローも”焚火の時間を楽しみにキャンプ”に行っている一人だと自負しておりますが、今回はそんな焚火をの楽しみをワングレード上げる方法の一つとして、

【焚火でマシュマロ】

これを紹介してみたいと思います。

1.日常生活ではしにくい焚火・・・

「落ち葉焚き~」などの歌にもあるように、いわゆる焚火自体は昔から割と一般的にされていたものですね。

しかし現代の生活では、都市圏の人の多くは【マンション】などの集合住宅に住まう方が一般的ですし、そのベランダではさすがに焚火できないものでしょう。

また団地などで【一戸建て】にお住いの方でも、敷地は40~60坪ぐらいが多く”お隣さん”が近接しているため、地方都市かつその中でも割とタメゴローのように”田舎住まい”でないと、「庭で焚火」「庭でBBQ」などは難しいですものですよね。

(例え”おいしそうな匂い”などわるくないものであっても、”洗濯物に匂いがついてしまう”など気を使うものですね)

しかも近年では、消防法でも営農のために田畑などで行う「野焼き」ですら規制や指導が厳しくなってきています。

もちろん火災の発生や被害を防ぐためのルールなので、建築設計を仕事としているタメゴローとしては理解しています。

 

が!

 

やはり、薪ストーブをしている冬以外の時期でも、

「焚火を見てぼーっとする時間で癒されたい」

という気持ちはわいてくるものです。

・・・特に仕事で忙しいと。。。

 

2.夏はキャンプで焚火に癒されよう・・・

そんな”焚火に魅せられた一人”であるタメゴローは、キャンプでの焚火をとても楽しみにしているわけです。

焚火の楽しみである、

  • その火を眺める
  • ただただ、ぼ~っと眺める

これだけでも、とても良いものですね。

 

特に初心者のころはなんとなく焚火ができてしまうと、それだけでうれしさもひとしおですし、「やはり人間にはDNAレベルで火が必要なんだな~」などと感じることができるものだと思います。

家族や友人などと囲む焚火などは、まちがいなく最高ですね。

タメゴローも家族と友人で行くキャンプなどでは、子供の起きている時間もですが、寝た後の時間も焚火の周りで「お酒を傾けながら」ず~っと、ず~~~っと寝るまでの間を会話して、焚火の世話をしながら贅沢な時間を楽しんでいます。

本当に良いものです。ええ。

そんな焚火ですが、ずっとやっていると、さらに一歩進んで、

  • 薪に何の木を使うか
  • 薪の組み方
  • どのタイミングで薪を追加するか
  • 焚火の周囲も含めたセッティング

などと、ある意味「沼」にはまってしまうのもまた良いものですね。

焚火のまわりで使うテーブルなど、”焚火まわりのセッティング”についてはみなさんそれぞれのこだわりがあるものだと思いますが、これについてはまた別の機会として今回はタメゴローが試してみてとてもの良かったものについて触れてみたいと思います。

 

3.キャンプの焚火をワングレード上げてくれる【焼きマシュマロ】・・・

もっと焚火を楽しむ方法がないか、とさらなる贅沢を探求していたところ、タメゴローが出会い、何度も実践してみて、「やはり良いな」と感じたもの、それは【焼きマシュマロ】でした。

「え~、マシュマロなんてそんなに”おいしいもの”じゃないんじゃない?」

 

と、思う方も多いかもしれませんね。

確かにマシュマロは、袋に入って売っている状態をただ開けて食べても、ポフポフしがちなお菓子として、味覚の複雑化してきた日本ではそれほど特筆するほどのものではないと感じます。

 

しかし!

キャンプなどの焚火であぶった

【焼きマシュマロ】

 

これはいきなり別格になります。

たとえるのが非常に難しいのですが、

いつも一緒にいて「普通だな~」と思って恋愛対象にすらならなかったメガネをかけている異性が、メガネを取って髪型とメイクなど身だしなみを整えたのを見た瞬間に、

「え!?誰!?やだ、めっちゃかっこいい!(めっちゃカワイイ!)」

と、なるぐらいの”クラスチェンジ的”な変化をしてくれる、それがマシュマロです。

(例えが下手でごめんなさい。そしてメガネ批判でもありません。タメゴローもメガネってますので笑)

 

4.マシュマロは”あぶる”とどうなるか・・・

そんなクラスチェンジ的な変化をするマシュマロ。

実際にあぶるとどうなるか。

今回はビッグな”アメリカンサイズ”のマシュマロ

アンディ XXLマシュマロ 12個×4袋
で楽しんだ時の写真です。

 

こう、白いマシュマロを串などに刺します。

焚火の場合はけっこう熱いので、串は長いものにした方がいいですね。

それを焚火でじっくりとあぶってゆくわけですが、

急いではいけません。

焚火を楽しみつつ、ゆっくりと、じっくりとあぶりましょう。

くるくる回しながら焼き続けると、はじめは白くポフポフだったマシュマロが、だんだんとキツネ色に色づいてゆきます。

これぐらいまできたら、あとはお好みですが、大事なのは「焦がさないこと」です。

マシュマロは火に近づけすぎると一瞬で火が燃え移ります。

できるだけじっくりと時間をかけて遠火であぶった方が、その分待った価値も味わえるものなのです。

これは揶揄でも精神論でもなんでもなく、そのままおいしさにつながるという意味でオススメなのです。

これぐらいだとちょっと早めかな~、とも思いますが、この状態まできたらOKです!

そっと歯でマシュマロの「外側部分だけ」をたべましょう。

外側だけと書いたのは、食べたことのある方はわかって頂けると思いますが、焼かれて歯ごたえが出るのは外側だけで、内側はなんと”トロトロ”になっており、スルっととれてしまうのです。

そうして口の中に「アチアチッ!」とほうばってみると、今まで常温で食べていたのがばからしくなるほどの

”際立つ甘み”

”まわりは程よくパリッと、中はフワトロ”

の触感が口の中で堪能でき、とてもシアワセになれます。

今までのマシュマロ感がなくなると思います。

これだけでとても良いものです。

 

5.さらに焼きマシュマロをおいしく食べるための一工夫・・・

しかし、ここで”もう一つ踏み込んで”マシュマロを楽しんでほしいとタメゴローは思います。

そんな踏み込みのひとつとなるのが、タメゴローのとっておき、

【焼きマシュマロのクラッカーサンド】

です。

これは、スルっととれる「外側だけをクラッカーでサンドしつつはがして食べる」という、それはもう凶悪な食べ方です。

これはマシュマロの甘みと、クラッカーの適度な塩味が絶妙に調和して、焼きマシュマロ単体で食べるよりもタメゴローをはじめの家族のみんなや友人にも大好評でした。

じっくりと焼けば中全部をトロトロ状態にできるので、1つまるごとサンドもできてしまいますが、タメゴローは我慢できず外側だけスルッと行く派になってます。笑

はがした後の串に刺さった部分は、そのまま食べてもよし、再度あぶって食べてもよし。

自由です。

あ、案外ウィスキーなどのお酒にも合いますよ~。

 

さらに上級者向けをご紹介。

さらに、ダージリンティー味カルピス味などのマシュマロも存在していますので、プレーンに飽きたらチャレンジしてほしいところです。


明治屋 ダージリンティーマシュマロ 110g

 


エイワ カルピスマシュマロ 80g×12袋

こういった”味付き”マシュマロなどを使うことでレパートリーがぐんぐん広がり、挟むものもいろいろ試してみたりと、いつの間にやらマシュマロだけでも焚火のまわりで語れるほどになってしまうものです。笑

あと、焚火って、ゆっくりとくつろぎたいものですので、あまり前かがみになったり、熱いので火に近づきすぎたりせずに楽しめると、さらにシアワセになれると感じます。

タメゴローのオススメは、収納はコンパクトにできるのに、使うときは伸ばせる「伸縮式のスキュアー(串)」、

 


Unila 焼き串 BBQフォーク シュラスコ用 折りたたみ 携帯便利 5段伸縮 長さ調節可能 収納しやすい ステンレス製 木柄 バーベキュー道具 収納バッグ付き バーベキュー 串 バーベキュー用 スキュアー 8本組

これです。

つくりはちょっと粗いものもありますが、安いし伸縮式のタイプは運ぶときや家での収納時にもありがたく、お家BBQの時なども使ってます。

これで、”お気に入りのチェアに深く腰をかけながら”焼きマシュマロや、焚火のあぶり料理が楽しめてしまうので、動きたくない派の多い焚火好きな方には結構なオススメアイテムでもあったりします。

 

5.まとめ・・・・

焚火をワンランクグレードアップさてくれる

【焼きマシュマロ】

いかがでしたでしょうか。

マシュマロ自体はキャンプに持ってゆくにもお手軽で、コストもとっても安いものだと思います。

これ以外にも焚火を楽しむ方法はたくさんありますが、特に「子供と一緒に行くキャンプ」などでは、子供もとても面白がってくれますし、自分で焼いて「おいしいおいしい」とよろこんでもくれますので、親として顔がニヤニヤしてしまうとてもオススメの一品です。

ぜひ焚火をワンランクグレードアップさせる楽しみ方をしてもらい、さらに焚火ライフやキャンプを楽しんでもらえるとうれしいなぁ、と思うタメゴローでした~。

*

*

*

「ダージリンティー味」は焼きマシュマロで際立つうまさです。プレーンなマシュマロに飽きたらためしてもらいたいところです。

明治屋 ダージリンティーマシュマロ 110g

*

↓常温でそのままおいしい、みんな大好き「カルピス味」

焼くとまた味が際立ちます。上級者向け。笑


エイワ カルピスマシュマロ 80g×12袋

*

↓マシュマロや焚火でのあぶり料理を楽しむのに絶大に便利な、”伸縮式”のBBQフォークは、収納にも便利で焚火マニアにあh必須アイテムですね~。


Unila 焼き串 BBQフォーク シュラスコ用 折りたたみ 携帯便利 5段伸縮 長さ調節可能 収納しやすい ステンレス製 木柄 バーベキュー道具 収納バッグ付き バーベキュー 串 バーベキュー用 スキュアー 8本組

*

↓やはりベーシックなプレーンのマシュマロは王道かつ正義です。迷ったらこれで試してみてほしい。

アンディ XXLマシュマロ 12個×4袋


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA