【78プラド】というステキな相棒ができました【ランドクルーザープラド】

タメゴローです!

いきなりですが、タメゴロー的に生活に大きな変化があり、タメゴロー家の車を買い替えることになったので、そこでかねてより憧れであったトヨタのランドクルーザープラド、いわゆる「ランクル」それもちょっと古い型のものを手に入れる運びとなりました。

今回は古いランクル好きや車好きな人しか面白くないかもしれませんがよろしければ。。。笑

 

1.地方都市に住む人にとって車は必需品なんです・・・

いきなりですが、「車」って現代の生活ではなくてはならないものとなっているのでないかと思います。

都市圏に住む方でもよほど都心でない限り、ましてや家族があれば1家に一台はあるでしょう。

タメゴローのような地方都市に住むものであれば「大人の数だけ」となっていることも多いですし、車がなければ生活に支障がでる地域に住む方も多くみえます。

タメゴローの奥さん方の親戚は山深い地域に住んでおり、一番近いスーパーマーケットとお医者さんまで1時間弱かかりますので、現代でも冗談ではなく”田舎”というものは存在していますよ。笑

そして大人であれば仕事に行くのも買い物に行くのも基本的に車です。

もちろん駅近くの方は電車通勤もありますが、基本は車です、と言い切れちゃいます。笑

YOUTUBEとかでもアップされてしまうぐらい、イオンとか大きな商業施設の駐車場も、地方都市はすごい台数なんですよ~。

そんな地方都市で生活を送るために必要な車は、もはや体の一部といっても過言ではないと思います。(タメゴローは)

 

2.なんでランクルなのかというと・・・

それでなぜランクルか、しかもちょっと古いものなのか、ということについてですが、これは

「タメゴローの学生時代からの憧れ」

です。笑

よく耳にしますよね。

「スカイラインGT-R」「スープラ」「NSX」などの国産車や、「ポルシェ」「フェラーリ」などの外車でもスパルタンな車種が、発売当時から大好きだけど若くお金もないので、ある程度年齢を重ねて買える経済状態になったから買う!というパターンのやつです。

田舎な大学に行っていたタメゴローは、生活や建築見学の旅を原付やバイクで移動していましたが、やはり雨や雪では不便だったので、高学年になった際に就職活動もあるしと、初めて中古車を見に行ったのです。

そこで出会ってしまったのが「ランクル」それも「70」だったのですね~。

その当時は二十歳程度のがきんちょだったのですが、軽自動車を見に行ったタメゴローは同じお店に置かれているランクル70に釘付けになりました。

なんてシンプルで機能がそのままきれいに表れたデザインなのだろう・・・

その数年前までRVブームだったようで球数も多くあるようでした。

しかし!

タメゴローはその時学生です。

中古で200万以上もするランクル様など、とても手が届くはずもありません。

ローンも考えましたが、就職してもいない学生に返せる見通しもないので、泣く泣く、ほんとうに泣く泣くあきらめて帰りました。

その後就職したときに同じくトヨタのデリボーイという、ちょっとマニアックな車を譲ってもらい、ずいぶんと長い間乗っていたものです。(その間もたまに中古車展示場でランクルを冷かしたりはしてました。笑)

そんなタメゴローの若かりしころの”あこがれ”のランクルをついにチョイスできる状況になったことに感慨深くなりつつ、長年の夢をかなえるために探すこととなりました。

あ、もちろん建築設計のお仕事で整地されていない現場にいくからってことも考えてますよ?(汗)

いざ探し始めると、

「70はスパルタン過ぎて家族がヤバい。」

という現実を突きつけられました。

どうスパルタンなのかと言うと、

  • サスペンションが貨物用で硬すぎる
  • エンジンが3.4、3.5、4.2Lの各ノンターボディーゼル
  • 内装は商用カローラと同レベルでビニール製
  • クーラーがついているモデルだけではない

などなど挙げるときりがありませんが、基本的には商用バンとして必要最低限の装備しかない状態のものがほとんどだったのです。

現代のとても快適な車になれてしまっている身体では、長時間乗ることなどできない仕様でした。

実際に70に試乗してみても、結構チャレンジ精神にあるれるはずのタメゴロー奥さんが「これはちょっと無理だね~」という始末。

え~、どうしよう?

となっていると、そういえばランドクルーザーには70シリーズで「プラド」ってモデルあったよな?

探してるときも「四角いヘッドライト」のプラドは70よりも多く出てきました。

そこでプラドとやらも調べてみたら、これが70の基本性能をベースにしつつスパルタンすぎる部分をファミリーユースにしたモデルということではないですか。

70しか目に入っていなかったタメゴローの目からうろこが落ちることとなり、早速試乗しに中古車屋さんへ行きました。

奥さんも一緒に乗ってみると、同じディーゼルエンジンにも関わらず小さい排気量ということからか、アイドリングの振動もマイルドでサスペンションの硬さもずっとソフトに感じます。

さらにエアコンやパワーウインドウ、集中ドアロックなどもついており(現代の車では当たり前かもしれませんが)、

「これなら私も運転できそう」

と合格ラインのお言葉をいただくことができたため、購入する運びとなりました。笑

 

3.車の買い替えにネット見積りを使ってみたら、簡単に価格相場がわかりました・・・

買う車が決まったので、今の車を手放すことになるのですが、タメゴローは手持ちの車を手放すのに

「下取りでなく、売る」

ことを先に考えました。

いきなり下取りありきで進めてしまうと、どうしても新規に買う車の”価格調整”に使われてしまうため、損得がわかりにくくていやだったのです。

そのため相場と実際の車の価値を知りたいと思い、「実店舗」のお店と、「ネット査定」が可能なところに同時に申し込んだのですが、これが大きく企業的な対応の違いを知ることになったのです。

せっかくなのでそのへんもかいてみます。

 

3-1. 実店舗のお店で・・・・

実店舗のある青い看板の買い取り会社の〇〇〇MOTORに同時に査定をしてもらいました。

車で乗りこんで、その場出てきた見積は思っていた金額に近かったのですが、その後がちょっと常軌を逸した対応だったのです。

車に乗って帰ろうとすると、

「本日売買でよろしいですか?」

は?

いやいや今日明日はどんなもんかという程度なので無理です、と答えると

「いつお持ち込みできますか?」

「売るというお約束だけでも、今日いただけませんか?」

などと、ちょっと普通ではないことを次々と言ってこられて面くらってしまいました。

早く帰ろうとしても上の調子でゴリゴリと押してきて、なかなか車に乗せてもらえずにだんだんと怖くなってくる始末。

なんとか逃げるように帰ると、さらに後日恐ろしいぐらに毎日電話してきて、「御社に売るつもりはない」とはっきり断っても2週間ぐらい電話が続いたので正直言って怖かったです。。。

本当に「人のことをまったく考えない会社だな」と思いました。

ネットで評判を調べてみたら、タメゴローの受けたような対応を結構な人がうけているようだとわかり、調べてから行けばよかったと切に思うことになりました。

実際は名前を伏せたくないぐらい腹が立ちましたが、そこは大人なので。

 

3-2.ネット査定では・・・

前述の〇〇〇MOTORで失敗したことから、信用的にも有名で長く経営がつづいているところで、と思い実店舗もありつつもネット査定にも力をいれていると聞く、




中古車買取実績No.1ガリバー

で査定してもらうことにしました。

ホームページにも

「金額だけ知りたい方でもOK」

とかかれていたので気兼ねなく問い合わせできましたし、入力する内容も1分ぐらいのものなのでまあ問題なしでした。

翌日に電話があり、概算金額を教えてもらえました。

その後もう少し詳細にということで実際に車をみてもらい査定の処理をし改めて金額を提示をしてもらったのですが、「やはり複数見積を採ってよかったな」という金額で、前述の店舗の金がとは違い、結果としてその時の相場がわかることとなりとても参考になりました。

最終的にはその時の仕事の忙しさから、新たに車を買うお店での下取りという方向に落ち着いたのですが、やはり下取り金額よりも売る方が高めの結果でしたので、乗り換えを予定の方は一度はネット査定のサイトで見積を採ってみることをオススメします。

タメゴローのように売らなくても、ごめんなさいと思っておけばいいわけです。(すみません笑)

 

4.納車時はこんな状態でした・・

そんなすったもんだがありつつも、タメゴローの希望した【78プラド】は納車を迎えました。

健忘録がわりに納車時の写真を数点のせてみます。

外装カラーは古い雰囲気がよく出ているツートンですが、このレトロな茶色を見た瞬間にたまらなく好きになってしまいました。

なぜか車業界では「こんなツートンなんて”古臭くて”売れるわけがない」ということらしく、人気色でなかったことから思った以上にリーズナブルに購入できてとても満足しています。

また、”直線的なボンネットライン”は空力至上主義な今の車にないかっこよさですね。

リアはスペアタイヤとステーを外してトランクに入れてもらいました。

斜めもかっこよい。

ホイールがまた古い時代の雰囲気ですね~。

これはスタッドレス用に残しておいて、夏用は変えたいと思ってます。

社内は年式相応ですが、高齢の方がワンオーナーだったそうでとてもきれいです。

今の車のように全体的に樹脂の内装カバーで囲われておらず、部分的に鉄板がむき出していたり、直線的でメカニカルな雰囲気がたまりません。

フロントガラスの中央下部あたりにある四角い部分なんて、気圧計と温度計だけであんなに大きな箱になっていたりと。

また助手席のダッシュボードに手摺がついているのがファミリーカーモデルであってもランクルらしいと感じます。

後部座席のシートベルトはすべて”腰だけ”のタイプ。

さらに今は見ることの少ない起毛のシート。

リアはほとんど使われていなかったように見えます。

さわりごこちもよく、年式のわりにとても状態が良かったのですが、冬はよくとも夏はちょっと暑そうですねー。

運転席横のコンソールなどの小物入れも、”至れり尽くせり”な現代の車とは違い、とっても簡易なものです。

実はこの茶色系の内装色は限定色だったそうで、今となってはレアなものだったようです。

オーバフェンダーの無いナローボディなのでタイヤサイズも細いです。

年式的に仕方ないことでしょうが、屋根の塗装が痛んでおりクリアーがぱりぱり状態です。

これは早めに塗装しないと旧車の天敵である「錆び」がきそうですね。

約30年前の車と考えると、信じられないぐらいきれいなものだとタメゴローは感じました。

 

5.どこで購入したかというと・・・

タメゴローが購入したのは、親の代から車関係ではお世話になっている三重県は津市にある

(有)暁自動車工作所 

三重県津市桜橋3-32-20

電話:059-226-3545

https://www.carsensor.net/shop/mie/300139002/#contents

さんというところでした。

ネットで有名な中古車情報サイトの「カーセンサー」や「グーネット」などでも掲載されていますが、正直言って大きくない自動車屋さんで常時在庫の車も多くありません。

しかしここの現在2代目の社長さんはすごく親身になってくれる方で、タメゴローのランクルも中古車オークションでくまなく探してくれて、また限られた情報の中から車の状態をタメゴローではわからない専門的な視点で読み取り、時には現地のスタッフと調べて教えてくれたりと、あきらかに仕事の範疇を超えて車好きなのが伝わってくる対応をしてくれました。

ちょっと怖そうな風貌から想像ができない細やかな気遣いをされる方で(ごめんなさい)、しかも国産車はもとより外車も多く持ち込まれる技術や情報の持ち主であり、困ったことがあっても方々に手を尽くして最終的に何とかしてくれるという、とっても頼りにしてしまえる方なのです。

元が先代の自動車修理工場から始まったという経緯もあってか、国産会社問わず旧車やマニアックな車もいろいろ預かりで入庫しているようでした。

あ、ポルシェの旧車については特にアツい人だったりします。笑

タメゴローの車も写真ではわかりにくいですが、とても30年近く前の車とは思えないほどピカピカに磨いてもらい、外装だけでなく内装もびっくりするぐらいきれいでした。

普通の車でも、ちょっと特殊な車種でも、メンテナンスでも買い替えでも、三重県在住の方でしたらどんな相談でもオススメできる人です。

 

6.これからこうしていきたいなぁ・・・

こうしてタメゴローは憧れの愛車【78プラド】を手に入れることとなりましたが、やはり年式の古さは隠せないところがありますので、いろいろ”こうしたい”といところがあります。

  • シートカバー
  • タイヤ・ホイール
  • 屋根の塗りなおし
  • キャンプ用のベッドカスタム
  • ルーフキャリア

ざっと考えてもこれぐらいはやっていきたいなぁ、と考えてしまいますのでこれからこつこつと自分色に染めていきたいと思います。

機会があればそれらについてまた書いてみたいなぁと思うタメゴローでした。

俺も70や78プラド好きだよ~って方がみえたらコメントくださいね笑

 




中古車買取実績No.1ガリバー


「【78プラド】というステキな相棒ができました【ランドクルーザープラド】」への2件のフィードバック

  1. はじめまして、薪ストーブ関連で時々拝見しておりました。
    当方78プラドに乗っています。もうすぐ手放しますが・・・
    11年程乗りました。H5年式で26万キロです。
    いい車ですよ。ちなみに3,000CCですか?
    次は憧れの70です!皆さん同じ様な感じなんですね。妻には色々言って説得しました(笑)

    1. まちよさん

      コメント頂きありがとうございます。
      11年78プラド乗っておられたんですね~!
      いい車だと、乗るたびに感じております。
      タメゴローのはH3年式の悪評高き2.4リッターでまだ20万キロ越えたところですが、前のオーナーさんがちゃんと定期的にメンテをしていてくれたようで、エンジンもとても調子よいです。
      まちよさんは70に”ステップアップ”されるとのことですが、おめでとうございます!
      また、とてもうらやましいです。笑
      ぜひかわいがってあげてくださいね~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA