【キャンプエプロン】という、テントサイトでの優等生

タメゴローです。

いきなりですが、【キャンプエプロン】って知ってますか?

文字のごとく、キャンプで使われるエプロン(前掛け)なわけですが、これはキャンプをする方ならこれを知らないと「ちょっと損してる」ほどに使える、一度使うと手放せなくなってしまうアイテムだったりします。

今回はそんな【キャンプエプロン】についてです。

 

■キャンプエプロンって・・・?

この【キャンプエプロン】、言ってしまえばポケットが多めについたただの前掛けです。

しかし、ことキャンプ場やテントサイトで使うとなると、汚れを防ぐのはもちろん、小物を持ち歩いたり、焚火の防御になったり、キャンプ特有の作業の効率を上げたりと、かゆいところに手の届く【優等生】に変身してしまいます。

そんなキャンプエプロンですが、一度使ってしまうと手放せなくなることから、愛好家もジワジワと増えてきているようで、巷に出回るキャンプエプロンにも随分と幅がでてきたように感じます。

 

■タメゴローが使い始めた理由は・・・

タメゴローはキャンプエプロンを使い始めた理由は、【テントやタープの設営】のためでした。

テントやタープのペグダウンのためにいちいちペグを手で持ち歩くのが面倒だったことと、抜いたペグをエプロンのポケットにいれて、そのままくるくるっと巻いてしまえばペグの収納になるなぁ、という発想からです。

・・・しかしこのエプロンが想像して以上に有能だったわけです。

設営でペグダウンが終わり、テントなどを張り終わった後に、何の気なしにそのままつけていたら、マルチツールやライト、自販機で買い物をする際のコインなど、”自然と手のおりたところ”ですべて受け止めてくれるではないですか。

しかも入れるところが、ボトム(ズボン)のポケットでないので肌にごつごつする感じもなくとても快適かつ、取り出しやすい!

大体のモデルではペグハンマーなども装備できるようにループがついているので、いちいち「どこに置いたっけ?」をしなくてよいのです。

そりゃあ「必要なものがすべて身に付いている状態」なわけですから、ストレスフリーになりますよね。

結局ペグを収納する次の日までキャンプを通してつけっぱなしでした。

今ではペグは収納ボックスで運搬し、朝家を出るときから家に帰って道具を片づけるまで、ずーっとエプロンをつけているのが標準仕様となりました。笑

 

■それほど有能なキャンプエプロン、そのメリットを改めて・・・

 

1.キャンプで必要な小物を、かさばらずに身に着けておける

キャンプ場では思いのほか、身に着けるものが多いものです。

タバコを吸わない人でもBBQのために炭に火をつけるライターはいりますね。

ライターぐらいならかさばらずによいのですが、マルチツールや懐中電灯(ライト)、自販機やアクティビティに支払うコイン、吸う人ならタバコや灰皿もですね。

もちろんペグダウンするときのペグやペグハンマーなどは、キャンプエプロンの大好物なので言うまでもありません。

こういったものをズボンのポケットでなく、自然と手をおろしたその位置に、しかもかさばらずにすべて収納できてしまえるのは、想像以上に便利なのです。

 

2.汚れや火の粉をふせぐ

キャンプでは当たり前ですが、野山や川、海などの自然の中でたのしむものです。

そのためペグを打つ時や収納する時は地面に触れますし、川や海などのアクティビティなどでは土や水が服装を汚すことが当たり前ですね。

しかし望んで汚すわけではないので、防げるものはエプロンで防いでしまえるのは「思った以上に快適」の一言です。

しかも、前垂れの長いタイプであれば、お昼のBBQや夜の焚火でも薪や炭が爆ぜた時にもズボンに穴をあけることも防げるので、本来の機能である「汚れを防ぐ」といったことはとてもありがたいものだと実感できます。

 

3.テントやタープ設営・撤収の作業効率をあげてくれる

タメゴローはこの目的のために導入しましたが、その効果はやはり絶大でした。

主に「設営時のペグダウン」と「撤収時のペグを抜き集める」際に大活躍してくれます。

ペグダウンンしてゆくときにペグとロープとハンマーをエプロンに突っ込んでおくだけで、いちいちペグやロープ、ハンマーどこ行ったっけ?といった探しものの煩わしさが一気に解消されてしまいます。

撤収時はもっと簡単に、抜いてエプロンに回収してゆくことでペグを片手にハンマーを使ってペグを抜く作業をしなくてよいので、とても気持ちよく撤収が進みます。

タメゴローは基本的にキャンプでは、「設営・撤収に使う時間をできるだけ少なくする」ことで、「キャンプを楽しむ時間を増やす」ということを心がけています。

もちろん子供や友人と設営したりするのもキャンプの楽しみにひとつだとは思いますが、せっかくキャンプにきたのに、ずーっと設営していて、朝起きたらずーっと撤収している、といった状況なのはやはり寂しいですからね。

純粋にキャンプを楽しむ時間を少しでも増やしたい方はとてもおススメですよ。

 

4.服装の自由度が上がる

これは、正直言って導入時には考えていなかった効果でした。

最近多く開催されている「フェスキャンプ」や「夏の水場キャンプ」などには、涼しげなハーフパンツやショートパンツ、場所によってはポケットのない水着でキャンプを楽しむことも少なくありませんね。

そんなポケットの少ない服装でも、腰にベルトで装着するだけで、多くのポケットを身に着けることができるので、服装の自由度がとても上がり、特にオシャレキャンパーの方などには重宝される理由がよくわかるものです。

もちろん水に入るときなどは、エプロンを外すだけで何も身につけていない状態になれるので、すぐに水に入ることもできてとても便利です。

さらに、

「ファッションのアクセントに取り入れる」

といった使い方もオシャレキャンパーの常套手段となってきました。

気軽にアウトドア感を出したり、トップスとボトムだけでない構成要素として扱い、ベースをシンプルにした上で柄物やカラーもののエプロンをチョイスして楽しむことができてしまうのは、一般の服装になかった「新しい要素」として使えるキャンプエプロンだからこそでしょう。

ショートタイプでない面積の大きいものは一気に雰囲気を替える効果も持っていますので、服装の主役にもしやすくて便利です。

タメゴローもオシャレキャンパーさんを見習って、せっかくなので少し楽しむようにしています。(とてもオシャレキャンパーとは言えませんがね笑)

 

■キャンプエプロンを選ぶ際、どこに注意した方がよいか・・・

タメゴローが使っていて思うことを上げてみますと、

  1. 脱着が簡単な方がストレスがない
  2. やはりポケットが多いものがおススメ
  3. ペグハンマーをセットできるもの
  4. ハードに使える素材であること
  5. ファッション的に融通のきくデザインとカラー
  6. 気に入ったものを選ぶ

といったところかと思います。

そんなことが大丈夫なものとしておすすめは、

A.ペグダウンと撤収の時だけ使いそのまま巻いて収納するなら

モンベル フィールドウエストエプロン

便利なアイテムだけに、日本の本格アウトドアブランドの雄、モンベルもつくってます。

 

B.キャンプ中ずっと使う質実剛健タイプなら


チャムス ハリケーンワークショートエプロン

フェスなどで定番のオシャレブランド「チャムス」のオーソドックスなタイプ。


カーハート ツール エプロン A09 DUCK NAIL APRON

タメゴローはこれ使ってます。

汚れも目立たないので重宝してますが、長いペグを入れるのにはポケットがもう少し深くてもいいかもと思いますが、十分便利に使えてます。

カーハートの「ダック生地」は強くて安心です。


Carhartt カーペンターエプロン

カーハートはワークラインのラインナップがいろいろあって楽しいです。

 

C.もう一歩踏み込んで、キャンプの雰囲気を色濃くしたいなら

面積の大きいタイプが雰囲気をガラッとかえてくれます。

カーハート フィルムハンドダックエプロン

カーハートのロングタイプですね。

 


MERCURY ショートエプロン ワーク デニム

オシャレキャンパーご用達のマーキュリー。

マーキュリー好きの方はエプロンまでそろえましょう。

テンマクデザイン キャンプワークエプロン 5周年ネイビー

コアなキャンパーやオシャレキャンパーに大人気のテンマクデザイン。

やはり外しませんね~。

タメゴローも同ブランドの「焚火タープ」使ってますよ~。

コアキャンパーならこれにいってほしいところです。

 

■キャンプエプロンでキャンプをさらに楽しく快適に・・・

キャンプエプロンの優等生さについてご紹介してみましたが、いかがだったでしょうか。

オシャレキャンパーさんだけでなく、設営・撤収を楽にしたいお父さんや、キャンプサイトで探し物を少なくしてストレスフリーに過ごしたい方にはぜひ使ってもらいたいアイテムだと感じて頂けたかと思います。

自分の好みでチョイスして、キャンプではもちろん、さらには日常の服装にも取り込んで、その便利さとデザインなどまで楽しんでもらえるとうれしいなぁと思うタメゴローでした。

+

モンベル フィールドウエストエプロン


チャムス ハリケーンワークショートエプロン


Carhartt カーペンターエプロン

カーハート フィルムハンドダックエプロン


カーハート ツール エプロン A09 DUCK NAIL APRON


MERCURY ショートエプロン ワーク デニム

テンマクデザイン キャンプワークエプロン 5周年ネイビー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA