img_3559

煙草も鮮度が大事!手巻きたばこは”吸う直前に巻く”からこそおいしいと感じます。

煙管や手巻きたばこを楽しんでいるタメゴローです。

煙管を使いはじめてからは、コンビニなどで売られている箱たばこ、いわゆる”普通のタバコ”はあまり買わなくなりました。

・・・というか、今思い返してみたら、まったく買っていないですね。笑

あまりのおいしさと、その合理性からはじめた【煙管(きせる)】と、TPO的に煙管で吸えない場面にと吸い始めた【手巻きたばこ】ですが、今ではどちらもおいしく、それぞれをとても楽しんでおります。

img_3565

今回は、その一方である【手巻きたばこ】のお話です。

 

■煙管と手巻きをそれぞれ楽しんでます・・・・

煙管用には専用で【小粋】という銘柄があり、これをきちんと加湿して喫煙すると、他の葉では得られない甘みとうまみがやみつきになりますし、何より紙の臭さがありませんので純粋なたばこのあじが味わえます。

さらに煙管を使い、手巻き用の葉である、「シャグ」を楽しむことも出来てしまうため、とても楽しみ方の巾が広いのも特徴ですね。

また手巻きたばこでは、巻く紙を【オーガニックタイプ】か添加物の少ない【スローバーニングタイプ】という薄くてスケスケな紙で巻けば、たばこ本来の味を損なわず、発がん性物質たっぷり紙の成分もコントロールでき、さらにとても多くの銘柄を楽しむことができます。
(きせる用の小粋も巻いたことがありますが、あれは煙管の方がおいしく味わえると実感しました。笑)

 

そんなタメゴローのたばこ事情ですが、友人と飲みながらたばこを楽しんでいた時に、

「手巻きたばこって、普通のタバコとそんなに味が違う?以前、巻いたたばこだってもらったけど、あまり違いがわからなかった」

と言われることがありました。

 

■巻きたてのタバコって、ひと味どころか、ふた味はちがう・・・

大体そういった質問をするのは喫煙者ですから、論より証拠。

目の前できちんと加湿をしたシャグを、スローバーニングの紙で巻いて、(さすがに自分以外が吸うので、のりをペロッとなめるのはダメだと思い、グラスの水でのりを濡らしてますよ)巻き立てほやほやを吸ってもらうと、

img_3562

「うわ、たしかにこれはうまいわ」

と、違いを強く感じてもらえることが多いです。

しかし、巻いてストックしてあるタバコを渡しても、これほど大きなリアクションは得られないことが多いのです。

 

そうなのです。

手巻きたばこの”一番おいしい瞬間”は、「巻きたてほやほや」なのです。

 

■あらかじめ巻いておく場合は・・・

タメゴローもやりますが、手巻きたばこを10本ほど「あらかじめ巻いて」持ち運ぶ方がみえますが、これは「味的にはとてももったいない状態」になってしまっている言えます。

TPOもありますのでしょうがないですが、いわば味的に普通の箱タバコに近づいてしまっているとこととなります。

嗜好品であるたばこですので、せっかくならおいしく味わいたいですよね。

タメゴローは、あらかじめ巻いておく場合は、シャグの袋の中に葉と一緒に放り込んでおくようにしています。

img_3563

こうすると、加湿も出来て美味しい状態をキープできるので残念な思いをせずに楽しめます。

これは密封性の高いジップタイプのシャグ袋製品だととても顕著で、タメゴローの最近の愛飲シャグ「ゴールデンバージニア」などはもろにこれですね。

ただし、袋の中なので巻いたタバコの紙がクシャクシャになってしまうことは避けられませんがね。。。笑

 

■「巻きたての美味しさ」を考えてみる・・・

しかし、やはり一番おいしいのは、なぜか巻きたてだと感じます。

これがなぜかを考えてみましたら、

1.香りが飛んでいない、よく加湿された状態で味わえる

この「鮮度」は何にも代えがたく、やはり一番なのでしょうね。

 

2.気持ちの盛り上がり

手巻きたばこの特徴である、「自分で巻く」という行為。

img_3559

そうです、

「吸うぞ~、吸うぞ~!」

と思いながら巻くことで、自分自身の身体と気持ちまで美味しく吸える状態になってゆくのではないかと、タメゴローは考えています。

また巻き上がったタバコが、自分の思う理想の姿、キレイに巻き上がると、ある種の達成感を感じ、さらに美味しく感じたりしますよね。

img_3562

いわば、「巻く」という行為が既に一番タバコをおいしく楽しむために必要な一部となっているのでしょう。

 

■結局、巻きタバコは巻きたてがおいしいってこと・・・

最近巻きタバコを巻いてストックしたものを吸っている方で、「なんかおいしくないな~」なんて感じるようでしたら、ぜひきちんと加湿をしてものを巻き立て味わい直してみてはいかがでしょうか。

きっとあの豊かな味わいが、鮮烈に楽しめるはずですから。

img_3565

そんな、巻くことから楽しめる巻きタバコは、とても贅沢なタバコの楽しみ方だと、改めて思うタメゴローでした。

RIZLA Plastic Regular Size Roller 70mm

↑タメゴローはRIZLAとRAWのローリングマシーンを使ってますが、RIZLAのは鉄製のもので、現在はプラスチック製しか販売していないようです。

RAW オーガニックヘンプ シングル ペーパー 50枚入り ×5個セット

↑身体に悪い「紙」こそ、オーガニックにこだわるべきポイントだと思います。

RAW ロー、ヘンププラスチック 70mm シングルローリングマシーン

↑RAWは独自路線で、他とはちょっと一線を画している感があり、ナチュラルかっこいいですね。

[smoking]手巻きタバコ プレミアム スターターセット

↑蓋をしめるだけで出来上がる、保湿剤やシガレットケース、便利なローリングマシーンまで付いている、手巻きたばこスターターセット。
ペーパーやフィルターも無漂白モノで安心ですし、とりあえずこれから揃えて、紙やフィルターの好みを見つけてゆく、というのもよいものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA